日比谷公園の催事
「日比谷公園の催事に思う」
「日比谷公園ガーデニングショウ2007」を見た。見たといってもただ会場を見ただけで、各種企画開催されていた催事を見たわけではないので催事については触れないとして会場について感想を記しておきたい。
日本の都市公園の草分けである会場の緑に囲まれて会場全体のたたずまいは心休まるものがある。この会場はかつて本多静六博士がドイツの小都市コーニッツの公園図面(この図面は現在東大農学部の研究室にあるはず。)を持ち帰っていたものを辰野金吾博士が採用し、そのまま模写し実現した場所である。当時小沢圭次郎など日本独自の案があったのに欧化主義的思潮に却下され、ある意味では屈辱的歴史の記念碑でもある。
このような歴史的いきさつを思いながら、いつも眺めていた会場であるが、10月25日は丁度、秋咲きのバラが色濃く満開であった。開期中多くの来訪者が満喫したことだろう。
さて、ガーデニングショウとしての会場の印象は、ニレの木広場のガーデン部門、芝生イベント広場、東京招致庭園、校庭緑化モデル、大噴水周り施設、ベンチのゾーン、小音楽堂などに区分されていたが、確かにゆったりとした出展作品の展示はゆとりがあってよいといえようが、何か会場全体を催事がなくても来訪者にとって感動空間として受け止められる配慮、空間演出が出来なかったのだろうか、あまりにも分散化されすぎている。
もっと出展作品をアッピールする展示方法など検討の余地が多いと感じた。
これではガーデニングショウそのものの経営的バランス確保が出来ないと感じた。
具体的には、もっと展示空間をコンパクトにし、鑑賞者動線の設定を多忙な都会人が短時間で個々の作品に触れられるように出来なかったのだろうか、あるいはコンテナーガーデンとハンギングバスケットのグルーピングとか、南カルホルニア・ニューポートビーチのロジャースガーデンのことが頭をよぎった。
ひょっとして都の公園管理者からの開場計画についての何か条件がついていたのだろうか、さらに協力出展しているショップも見ていた限りではお客がなく、出展参加経費も回収できそうでない。このような状態だと協力企業も今後皆無になるのではないか、たとえば、ワインショップなどの近くにベンチがあり、そこで庭園やハンギングバスケット、コンテナーガーデンなどが楽しめるように、全体を現代の楽市楽座にできなかったのだろうか?せっかくの関係者のご努力に水をさすつもりは毛頭無く、何とかしなくてはとの思いから感じたことの一部を記した。
このような催事は、開場前日まで作品展示者がはっきり決まらないなどのことも多いと思う。最後までグレーゾーンとして残ってしまうなど大変である。かつて国際博覧会が何回も日本で行われてきたが、そのたびに過労で倒れる人が出た歴史もある。
このよう催事を開催するに当っての関係者の並々ならぬ奉仕活動は、全て、造園産業界への熱い思いがあるからであり、一部のこれら奉仕者に依存していることで事足りるとしている現状を打破するためにも、公園緑地全国大会などとの開催日の連携、環境関係をアッピールしたい企業自治体などの参加を促し、もっと賑わいを演出し、経営的にもバランスの取れる工夫を専門的にすべきであろう。場所は超一流なんだから・・・・。
2007・10・26 小林治人
[PR]
by harutokobayashi | 2007-10-26 15:29 | 設景の思想
<< 同時代人 万国博覧会 >>