カテゴリ:国際交流( 20 )
アフリカと南欧の想いで
1973年3月、元上野動物園園長、林壽郎先生とアフリカの野生動物を学ぶためケニヤタンザニアをサファリした。アフリカの帰りにはナイロビから南仏ニースに飛んだ。ニースはカーニバルの翌日ということもあり祭りの後始末が大変な状況にあった。ニースに一泊し我々は、ニースからマルセイユまで南仏の海岸を走りそこで一泊、後はモンペリエ経由、当時フランス政府が力を入れてリゾート開発を進めていたラングドックルシオンに向かった。グランモット他カップダック等開発状況を見て回ったものである。
f0059232_15484517.jpg

f0059232_15493885.jpg

f0059232_1550549.jpg

f0059232_15503131.jpg

f0059232_15505651.jpg

f0059232_15512346.jpg
f0059232_1552385.jpg
f0059232_15521842.jpg

f0059232_15524510.jpg

ラングドックルシオンの中で最初に整備が進んだグランモット
f0059232_15533073.jpg
f0059232_15534029.jpg
f0059232_1553504.jpg
f0059232_1554664.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2013-06-18 15:54 | 国際交流
2013錦州EXPO会場寸景
f0059232_2024013.jpg

f0059232_20244458.jpg

f0059232_20253437.jpg

f0059232_20261357.jpg

f0059232_20265689.jpg

f0059232_20273284.jpg

f0059232_2028747.jpg

f0059232_20293365.jpg

f0059232_2030579.jpg

f0059232_20304912.jpg

f0059232_2038223.jpg

f0059232_20385217.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2013-06-01 20:30 | 国際交流
2013錦州EXPOグリーンハウスの展示
f0059232_1702923.jpg

f0059232_1705185.jpg
f0059232_1711654.jpg
f0059232_1713335.jpg
f0059232_1715424.jpg
f0059232_1721089.jpg
f0059232_1722782.jpg
f0059232_1732730.jpg

f0059232_17112174.jpg
[#IMAGE|f0059232_17114774.jpg|201305/29/32/|mid|500|335
[PR]
by harutokobayashi | 2013-05-29 17:03 | 国際交流
錦州世博コンファレンス
f0059232_15505878.jpg
‘The City and the Sea, and a Harmonious Future’
- for the 2013 World Landscape Art Exposition in Jinzhou, China -

By Haruto Kobayashi
Former First Vice President of IFLA (1987-1992)

Good afternoon Ladies and Gentlemen
1)
At first, I would like to express my gratitude to the Jinzhou Government, the Central Government, the local parties, AIPH and IFLA for their efforts to prepare for this great forum.

It is a miracle for me that this EXPO is held successfully in the extremely limited period of time because of everyone’s hard work and efforts. Many friends in the world must feel the same.

This EXPO is a start of creating ‘the Cultural City of Landscape Art’ for the future with a harmony of ecology and landscape art in the sea and the city.

Especially the 20 works selected from many applications for the international design competition hosted by IFLA proved the meaning and significance of this EXPO.

This is a good opportunity to state my thoughts as one of the members who prepared for this EXPO.

2)
In the 21st century, instead of focusing on efficiency and functionality, China must preserve the environment such as regional unique landscapes which were developed over long years. And also China must aim to create a new environment.

I think it is necessary to create a great nation of landscape and culture where the life of people takes good care of old things and fits in the nature of the region instead of destroying the environment.
Landscape is a metric of the culture of a region. Beautiful landscape shows a high cultural level of the residents
This EXPO is a challenge to achieve the goal of ‘the Cultural City of Landscape Art’.

3)
Let me explain the characteristics of this EXPO to realize ‘the Cultural City of Landscape Art’ which ensures the safety and security through harmonization of the sea and the land.

1.Two international organizations, AIPH and IFLA, made preparations together for the first time in the world.
AIPH, International Association of Horticultural Producers, was established in1948 to improve horticulture in the world.
IFLA, International Federation of Landscape Architects, was established in 1948 to spread and to develop landscape art and science in the world.

2.The largest EXPO site was completed in the shortest time period. The large site provides a large space for flowers and plants. It is difficult for the living creatures to adapt to environmental changes on the new man-made island in a short period of time. It can be a good opportunity for the visitors to deepen their understanding of growing flowers and plants by the experts.

3.This site was reclaimed from an old fish farm. It is not a negative act but a challenge to build a new foundation to improve the environment for restoration of the ecosystem.

4.It is also a challenge to restore a beautiful seaside landscape with flowers and plants on the coast developed in the 20th century.

5.The Bohai bay area can become a center of landscape art and horticulture in Asia.

6.This EXPO paved a new way for the future NGO activities.
Technological development in the 20th century was rapidly advanced, however there is an issue. We don’t have a broad enough perspective to evaluate the environment as a whole, because professional fields are too subdivided. It is the first case that NGOs with a common purpose cooperate in a cross-sectional manner to solve problems of the environment on the earth based on the review of the past.

4) Effects of the International Exposition

1.The EXPO is a place of adventurous experiments such as new environmental technologies for building a new era.
2.It is an opportunity to cultivate human resources for the next age such as the technical experts and the managers who made preparations for the EXPO.
3.The EXPO can make this area widely known, and the new tourism industry can activate the local economy.
4.Public facilities related to the EXPO are constructed.
5.The EXPO will help the public to understand protection of the environment.

5) Future Issues
We are in the early 21st century, and the civilization will continue to expand cities rapidly as well as to develop the transportation. Infrastructure development in a mature society will be necessary during the urban development with sufficiency of public capital.
A beautiful City of Landscape Art will be realized by respecting cultural aspects such as landscape art in the world as well as the traditional local stories instead of focusing on efficiency, functionality and universality. Then in the future, the beauty of the EXPO will be maintained, and economic effects will increase to promote independence.
This EXPO is based on the protection of the environment by pursuing the quality of landscape art.
We need to observe the laws for the protection of the environment, and also we have to make new laws to protect the environment.
We could discover valuable cultures by listening to the opinions of the visitors who came from a distance to enjoy the EXPO. Right now this international symposium is also a good opportunity.
In the last 60 years AIPH opened many EXPOs successfully all over the world.
On the other hand IFLA did not open exhibitions but publish research results of creating landscape culture at the world conferences every year for the spread of education to solve environmental issues.
I hope this EXPO will be a base of UNESCO’s NGO activities, and IFLA and AIPH will work together more closely in the future. I also hope Jinzhou will become the World’s Center of Activities for Creating a City of Landscape Art in association with NGOs such as IFPRA, International Federation of Parks and Recreation Administration.
Thank you.
f0059232_15512580.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2013-05-14 15:51 | 国際交流
99昆明世博日本庭園その後
「99昆明世博」日本庭園探訪記
 この3月中旬、中国雲南省の著名な都市をめぐる機会に恵まれた。せっかくの機会なので、1999年5月1日から10月31日にかけて開催された、A1レベルの専門博覧会「1999昆明世界園芸博覧会」、(会場面積218ha)に当時日本政府が出展した日本庭園のその後の姿を確認したくて立ち寄ることにした。
この会場には2002年7月に,この世博会場周辺に生態都市建設をテーマとしたフォーラムを雲南大学と雲南たばこ会社が主宰することになり、参加を要請されて訪れて以来のことである。この時は、博覧会開催時に比べ樹草がよく根付いていて、日本庭園に植えられた松、日本からサクラの女王が持参した桜苗も順調に成長していて維持管理はさすが人手がある国だと感心したものであった。
 さて、今の様子は・・・と気にしながらメインゲートを入ると古代船、花柱のある大花壇はほぼ当初の姿を維持していたが、日本庭園の前に来て愕然とした。なんとあの日本の代表的な宮大工さんが、日本の技を示すべく苦心された休憩所がなくなり、巨大な鉄骨の建物が工事中であった。管理責任者の説明によると、日本庭園については、滝口、流れ、池、と塀は残すが、休憩所と花舞台は経営的に維持ができない、新しい建物には日本食堂と韓国食堂を入れるとのことであった。思い起こすと、高度な宮大工の技で、釘を一本も使用せず木組みしている匠による極美の作品が伝承されなかったことへの残念さはどうしようもない。2002年には休憩から庭を眺めるだけでは維持費が出ないということで、土産物など物販をしていたが・・・。
 今回立派な薬草園の茶亭で茶と雲南料理を馳走になりながら「公園管理運営士」として管理運営上のことについて聞いてみた。
 1999年から2004年までは、政府からの年間管理費10億5千万円で経営的に維持できたが2005年から経営状態が悪くなった。この状態を改善するために2009年から実績主義で管理会社15社を選び管理運営を民間に解放したが、政府系の職員300名、企業関係1700人が現在従事している。現在入込者数110~120万人で、その内90万人が団体客である。入場料は61歳以上は50%、70歳以上は0とのことである。
収入の55~60%は入場券、他は物販、賃料、飲食代とのこと。
2010年からは、管理を統括している政府系の企業は国有、土地は国有、経営権は民間とされ、国からの収入零となったことで政府系の職員の給料も自立させ、完全に政府から経営が解放された結果売上が増え、管理費も12億円に、経費は8億2千5百万円となり、利益が3億7千5百万円と改善された。さらに2012年には、管理費18億円となり、経費11億2千5百万円で利益が6億7千5百万円と急激に改善されているとのことであった。
このように売上至上主義によって経営的に改善され関係者は皆さん元気で自信に満ちていたが、日本庭園に集約させた庭と建物の伝統的技術がわずか10年で役割を終えたことに耐えがたい寂しさを感じた。(一元を15円で換算しています。)    2013・3

f0059232_17424497.jpg

現在のメインゲートは変えていない。
f0059232_17435860.jpg

日本の宮大工さんが腕をふるった休憩所
f0059232_17451810.jpg

休憩所の後に工事中の建物
f0059232_17554490.jpg

農の景を表現した棚田と花舞台も今は見ることはできない
f0059232_17592793.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2013-04-17 17:50 | 国際交流
単騎 千里を走る
高倉健さんが多くの人に惜しまれて西国に旅r立たれた。昨年の3月たまたま大理から麗江に向かう途中で日本四僧塔の存在を教えていただいた。昨年ブログに掲載したものであるがここに転載して偉大な俳優高倉健さんのご冥福を祈りたい。
「高倉健さんと日本四僧塔」
 明の洪武期(1368~1398)日本の僧人、逯光古、斗南、机先、天祥の四人が行脚して、大理にたどりつき、禅を勉強したり、詩を読んだりして中日の仏教文化の交流にまつわる美談を残したという。
1999年大理州の文化財関係機関は四僧塔の修繕を施した。大理映画パークができてからもこの塔は昔のままの位置に残された。
2005年初頭、日本映画の巨頭、俳優高倉健さんと中国の映画監督、張芸謀氏は、雲南省西部で「単騎 千里を走る」という作品を撮影した際、高倉健さんは、雲南省政府の人から明の時代における日本人僧侶の話を聞いて、約600年にわたり四人の四僧塔が丹念に保護されて現存していることを聞き心打たれ、日本四僧塔修繕工事にと、お金を寄付したことにより、今は立派な環境整備がなされ、建物の中には4人の僧侶が描いた書のオリジナルが展示されている。
 600年前に、海を越えて雲南省の高地、標高2〇〇〇メートル以上のこの奥地まで、どんな思いでたどりつき修行されたのかと思うと信仰の強さと、その強い心根を持った日本人僧侶の存在をを誇りに思った。
地元に愛され続けた先達の偉業にただ合掌あるのみ。
(2013・3・18)

f0059232_1634087.jpg

f0059232_1635910.jpg

f0059232_1641820.jpg

f0059232_15559100.jpg
f0059232_1561754.jpg
f0059232_1563342.jpg
f0059232_1564832.jpg

四僧侶の書が展示されている。
[PR]
by harutokobayashi | 2013-03-24 16:15 | 国際交流
ぐーグルアースでたどる設景活動録
f0059232_14131562.jpg

南米コロンビア建国の父シモンボリバールを記念した公園(河野嘉仁君JICAにて担当)
[PR]
by harutokobayashi | 2012-06-15 14:20 | 国際交流
グーグルでたどる設景活動録
設景活動を始めて51年、関係した設景活動地点をグーグルアースでたどってみたい。
韓国済州島通文団地如美地(観光植物園)1982~1989
f0059232_1433564.jpg
f0059232_1444271.jpg
f0059232_14101843.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2012-06-15 14:02 | 国際交流
北京大学視察団
f0059232_12121450.jpg

2012.4.13~14、北京大学景観設計院視察団は、人数が多かったため2回に分けて国営昭和記念公園を訪問した。澤田大介公園事務所調査・品質管理課長から国営公園についてお話を聞いた後、小雨の中満開の桜と林床花壇のチューリップ、みんなの原っぱのポピー、こどもの森、盆栽園などを愛でた後、お茶室でくつろぎながら庭園鑑賞をした。この180haの公園鑑賞には1万歩前後の歩数が必要。
f0059232_12241382.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2012-04-23 12:12 | 国際交流
電子書籍:美しい「景」をつくる
f0059232_13491443.jpg

今までの「設景」活動の一部をまとめてみました。
[PR]
by harutokobayashi | 2012-04-22 13:49 | 国際交流