<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
18年前の「公共造園」考
 18年前の「公共造園」
1991年バブル経済の先行きが怪しくなり始める直前の原稿である。
過激・過当な競争入札の実施によって、当時思いもしなかった状況が設計者達を襲っている。
平成の名園を造るどころではないと言われそうであるが、だからこそ名園・名庭を公共空間に造り、造園の特殊性・専門性・文化性を社会に訴え、安い、悪い、やり直し、と言う税金の無駄づかいをなくすよう改善する運動につなぎたい。

 公園・緑地・オープンスペースなど、公共造園空間の整備は、20世紀末にいたって急速な伸びを示し、地球規模での環境への関心の高まりがいっそうこの現象に拍車をかけるといった状況のなかにわれわれはいる。このような中で、われわれ公共造園などの設計に直接的にかかわっている立場から、どのような視座をもつべきか、特に、平成時代の名作といわしめる作品を創出する為に必要と思われる考え方について、私見を記してみた。
1、公共造園の理解
公園・緑地・オープンスペースは、公共造園と総称されるように、公に開放されたものである。庭園のように個人がオーナーの好みによって自由になる空間を取扱うのとはおのずから異なり、不特定多数の利用者が、公平に、永続的に、安心して利用できる内容、質が求められる。特殊な芸術的意図のみに偏在したプロジェクトはともかくとして、一般的には、デザインの対象地を、「国土の生態的基盤」「国土の美学的視座」から深く理解して、この相互の総合的調和を計りながらデザインを進めることが必要である。いたずらに奇を衒うことはさけなければならない。デザインの節度・礼節が求められる所似である。

2、「作庭家」の目
公共造園のデザインは、芸術家個人の思想を絵画や形にしていく純粋芸術とは異なることを認識しなくてはいけないと考える。個人の学・術・知・感性をはるかに超えた総合力が求められる。中には、地域的広がりのある対象も多く、幅広い専門知識を必要とする。個々に輝く個性を持ちながら、深い洞察力と専門知識を持った人々のチームによる力の統合化が求められる。これらにチームの力を十分にクリエイティブに発揮できるようにするゼネラルな目を持ったデザイナーが必要であることに気付くべきである。
このことは、庭園を造るときに、それぞれ個性を持った植木・岩石などの個性を理解して美しく組み合わせて名園に仕上げる「作庭家」の目と同じと言える。

3、自然の営みへ参加する心
私は、公園・緑地などの公共造園空間は、広場などとは異なり、生物的空間秩序が保たれていなくてはならないと考える。
「造園家」「ランドスケープ・デザイナー」と自称する人は、自然との接触頻度を高くしなくてはならないと思う。カタログ的知識を使って頭の中のみで自然の素材を組合せた図面を書くだけでは心の通った名作は生まれない。生命体である植物などを素材とするわれわれの仕事は、動の美学の追求であり、それは自然やその事象を含め、時間と共に環境づくりをしていく、プラスの美学の担い手として、自然の営みにいかに参加していくかという謙虚な態度が重要だとも考える。自然の営みや国土を良く理解せず、自己主張のみの奇を衒った空間は、所詮人間の頭の中で考えられたものにすぎず、人間の考えたものである以上一見複雑に見えても人間の頭脳の枠をなかなか越えることはできない。われわれの仕事は、自然を畏怖しつつ、自然の営みに参加させてもらいながら、生物の一員として、人々の生命に活力をあたえることができる空間を創出していくことであろう。

4、デザイン環境の改善の必要性
日本の造園家達は今、世界の中で、最も広汎多岐にわたる仕事にかかわりを持っていると言うことができる。国土スケールのもの、リゾート、地域、都市、広場、プレイロットにいたるデザインのみならず、環境アセスメント、各種催事計画にいたるまで誠に変化に富んでいる。これらの仕事に関与する日本の造園家は、(社)日本造園コンサルタント協会関係者だけでも三千名近い、しかし、現在のわが国の公共造園の需要に答えきれていない。かつて予想もしなかった量の仕事に恵まれながら、じっくりと作品性の追求に時間を費やす仲間があまりにも少な過ぎる。せっかく名作を創出するチャンスを放棄しているようにさえみえる。こんなに安い設計料では……時間が足りない……等々。クリエイティブな活動をするのにはあまりにもデザイン環境は良くないことは私も同感であるが、その前に良い仕事をして社会に問いかける意気込みが必要ではないか。ここでニワトリと卵の議論をする気はないが、私は若き日に自ら選択したこの道を、とにかく良い仕事の創出に絞っていく考えできた。
この道すでに30年、今頃になって……と笑われそうであるが、この歳月を経て確かな手がかりを感じられるこの頃である。しかし、これからは、もっと若き日に良い仕事ができるような仕組みをつくらなくてはならないと思う。もっと早く、若い人々が先頭に立ってデザインをリードしていける下地を私は造らなくてはと心がけている。
 最近の若者は、われわれの青春時代に想像できなかった恵まれた科学や文化環境の中にあり、大地にかかわる情報量もとても私達と比較できるものではない。
今後、スムースに現代の若者が社会に新しいデザインを公表できるデザイン環境改善も必要である。

5、造園評論の重要性
このところ、各種の造園関係の出版物が定期的に手にすることができるようになった。目を見張るばかりに多くのプロジェクトが発表されるようになった。しかし、依然として、どちらかといえば自画自賛的な記事が目立つ、平成の名作といわれるような公園の出現を側面から促す為にも、厳しい批判精神を持った評論が必要かと思う。そのことが公共空間の質を高め、国の顔ともいえる緑の文化の品位を高めることに貢献できると考えている。

(1991.4.1)
[PR]
by harutokobayashi | 2008-03-25 12:17
ベルゲン友好の庭、完成間近の枯山水の冬
f0059232_15515164.jpg


5月竣工に向けて苔等を植栽する。
[PR]
by harutokobayashi | 2008-03-18 15:52 | ベルゲン作庭日記
冬の石庭
f0059232_154952.jpg


2008年1月の石庭、苔が霜で覆われている。
[PR]
by harutokobayashi | 2008-03-18 15:49 | ベルゲン作庭日記
長崎県立植物園2
f0059232_15531714.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2008-03-16 15:53
長崎県立植物園
f0059232_15462387.jpg


年月を経て落ち着きの出てきた植物園。
[PR]
by harutokobayashi | 2008-03-16 15:47
公共空間の美学

ガーデン化する街並み
 一般的には、お洒落で居心地のいい住宅地で暮らしたいと思うのが普通の人にとって自然な願望である。
日本の各地には、戦前戦後を通じて持続されてきたお洒落な住宅地があったが、相続税などの関係で宅地が細分化されかつての面影が薄れた。
 そんな中で、最近東京などの郊外に新しく開発された住宅地は、設景の力が発揮されて、お洒落な街並みを創出しているケースも散見できる、街並み設景への関心が高まり、従来の所有地を塀で囲む住宅地設景手法にやっと変化が出てきた。過剰な塀やフェンス、門柱、お節介な標識などマイナスするデザイン認識がさらに浸透すれば、生産コストも削減でき、街並み評価も高めることが出来る。
 狭い都市空間の中で過密な土地利用をしている日本の街並み設景を考えるうえで、緑・花文化の長い歴史に裏打ちされた庭園文化の心がやっと花開きつつあると言う印象である。 
 11世紀にはすでに「作庭記」があらわれ、造園技法・様式が完成された。1791年と1972年の二回、博物学者エンゲルベルトケンペルが、長崎の出島から江戸の五大将軍綱吉に謁見するための旅をしてきた時、江戸は元禄の繁栄でにぎわい、庶民が花卉・園芸を楽しんでいる姿に驚いた。この頃は、ヨーロッパでは花卉・園芸は一部の貴族などに限られていた。
 日本では、庶民が鉢植え園芸や、盆栽などを楽しんでいて、それが今日に受け継がれているわけである。
 八代将軍吉宗は、1716年に将軍になったが、30年間の将軍職の間に、江戸に5箇所の花の名所を造った。墨田川堤防、飛鳥山、御殿山、小金井堤、の桜の名所と、中野桃園である。
しかし、江戸の大名庭園など、回遊式の庭園が出来る頃から花が少しずつ陰を潜めるようになった。三百有余の諸大名が、江戸の街に上・中・下と屋敷を造り、それぞれ日本庭園を造ったため千箇所近い庭園が江戸に出現し、江戸はまさに庭園都市の様相を呈しその維持管理など江戸の造園職は繁栄していた。「10年後の東京・東京が変わる」の8つの政策目標の一つ「水と緑の回廊で包まれた、美しいまち東京を復活させる」の思想は庭園都市江戸の再現と受け止めたい。
 将軍を頂点とした幕府が公(国家)に変わり社会資本整備としての公園緑地事業が進められ、その管理運営事業が重要な役割を持つ時代になった。
 他方、身近な居住環境に緑・花を増やす業務が市民を中心にして進められるようになってきた。
 このような公と市民の協働事業方式が定着してくると、市民の緑・花への知識・技術が向上し、住宅事業など公共空間についての批評力が強くなり、半端な設景では購買力を持たなくなってくる。 
 今まで都市計画上批判の対象になってきたミニ開発でも、ガーデニングの要素を取り入れて、女性好みに空間化されているところは評判が良い。このような事業者を訪問して現地を見学するとその背景には想像力の豊かな設景家の存在がある。このような設景家は多くの顧客に直接触れながら現場との間に立って社会のニーズを体得していて頼もしい。
緑・花についてのボキャブラリーも豊富である。このように私的立場の人たちが創出する空間はあまり華々しく表面に出てこないけれど、無名の作者の作品として草の根的に確実に繁茂している。
 これらの事象も含めて緑・花の事業は多様化して、従来の捉え方でない緑・花ビジネスが次々と生まれてくることが予測される。
 お洒落な街並み形成は、安易な派手さ、自己主張をつつしみ、住宅地全体の美しさ、個々の家々が美しい街並みみを形成するように考慮することが、結果的に地域全体の資産評価を高める事となる。このような成果を得るためには、最近の住宅地で、お洒落で美しい街並み形成がされているところは、それなりの専門の設景家・が係わっていることが多いことからも、個人の思い付き的発想を超え、正当な設景行為・専門の技術者の力を活用することが、良い成果を得る近道であることも触れておきたい。
[PR]
by harutokobayashi | 2008-03-15 15:52 | 設景の思想
友好の庭全体図
f0059232_13203577.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2008-03-15 13:25 | ベルゲン作庭日記