<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
岩沼市佐藤邸庭園
古積造園土木株式会社の作品を見る機会があった。個人庭園として完成度が高い作品である。
この庭園の楽しみは、ヤマガラ、コゲラ、シジュウカラ、シメその他10数種の野の鳥が訪れてにぎやかであることと、手入れの行き届いた苔が美しいことである。
f0059232_1241922.jpg
f0059232_1245127.jpg
f0059232_1251835.jpg
f0059232_1254499.jpg
f0059232_126126.jpg
f0059232_1263929.jpg
f0059232_1271338.jpg
f0059232_1273753.jpg
f0059232_128634.jpg
f0059232_1283459.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2013-04-28 12:08 | 庭園作品
茶寮宗園
ゴールデンウイークに入る前日
秋保温泉茶寮宗園に宿泊する機会があった。
f0059232_11372691.jpg
f0059232_1137328.jpg
f0059232_11382254.jpg
f0059232_1138482.jpg
f0059232_11392479.jpg
f0059232_1139989.jpg
f0059232_11402181.jpg
f0059232_11395847.jpg
f0059232_11411523.jpg
f0059232_1141199.jpg
f0059232_11421643.jpg
f0059232_11415722.jpg
f0059232_11431419.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2013-04-28 11:43 | 庭園作品
毛越寺庭園
中根作品を拝見した後毛越寺庭園を訪れた。夕暮れ時の庭園は光の変化がうつくしい。
f0059232_11114027.jpg

f0059232_11121598.jpg

f0059232_11125194.jpg
f0059232_11132645.jpg
f0059232_11135637.jpg
f0059232_1114275.jpg
f0059232_11145715.jpg
f0059232_11152599.jpg
f0059232_11155080.jpg
f0059232_11161814.jpg
f0059232_11164378.jpg
f0059232_11171154.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2013-04-28 11:18 | 庭園作品
中根金作先生作品
2013年4月25日、一ノ関駅から満開の桜並木の間を「東北ニュージーランド村」へ向かう。昨年「東日本に花を咲かせ隊」活動に協力していただいた株式会社ファームの渡辺秀昭さんにお会いするためであった。
そこで全く予期しなかった作品に出会うことになった。われわれの大先輩、中根金作先生の作品である。
晩年の先生は現場において、一つひとつ現場の動きに目を光らせて指導されたという。
f0059232_1023813.jpg

東北ニュージーランド村入口
f0059232_1073259.jpg

f0059232_101044.jpg

f0059232_104314.jpg

f0059232_10101232.jpg

f0059232_10113656.jpg

f0059232_10122788.jpg
f0059232_1013062.jpg
f0059232_101425.jpg
f0059232_10143112.jpg
f0059232_1015129.jpg
f0059232_10152974.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2013-04-28 10:15 | 庭園作品
東日本に花を咲かせ隊
昨年発足した「東日本に花を咲かせ隊」活動で名取市と岩沼市に植えられた現場を見てきた。仙台地方は桜が満開であったが風が冷たい4月19日であった。翌日は花々の上に雪が積もったそうで、気まぐれ天気の下花見を楽しみにしていた人々を残念がらせたことだろう。
f0059232_3374246.jpg

f0059232_340511.jpg

f0059232_4391898.jpg

f0059232_4501123.jpg
f0059232_451529.jpg

f0059232_3385025.jpg

f0059232_4521971.jpg

f0059232_3425491.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2013-04-24 04:42 | 記録・含震災関連
99昆明世博日本庭園その後
「99昆明世博」日本庭園探訪記
 この3月中旬、中国雲南省の著名な都市をめぐる機会に恵まれた。せっかくの機会なので、1999年5月1日から10月31日にかけて開催された、A1レベルの専門博覧会「1999昆明世界園芸博覧会」、(会場面積218ha)に当時日本政府が出展した日本庭園のその後の姿を確認したくて立ち寄ることにした。
この会場には2002年7月に,この世博会場周辺に生態都市建設をテーマとしたフォーラムを雲南大学と雲南たばこ会社が主宰することになり、参加を要請されて訪れて以来のことである。この時は、博覧会開催時に比べ樹草がよく根付いていて、日本庭園に植えられた松、日本からサクラの女王が持参した桜苗も順調に成長していて維持管理はさすが人手がある国だと感心したものであった。
 さて、今の様子は・・・と気にしながらメインゲートを入ると古代船、花柱のある大花壇はほぼ当初の姿を維持していたが、日本庭園の前に来て愕然とした。なんとあの日本の代表的な宮大工さんが、日本の技を示すべく苦心された休憩所がなくなり、巨大な鉄骨の建物が工事中であった。管理責任者の説明によると、日本庭園については、滝口、流れ、池、と塀は残すが、休憩所と花舞台は経営的に維持ができない、新しい建物には日本食堂と韓国食堂を入れるとのことであった。思い起こすと、高度な宮大工の技で、釘を一本も使用せず木組みしている匠による極美の作品が伝承されなかったことへの残念さはどうしようもない。2002年には休憩から庭を眺めるだけでは維持費が出ないということで、土産物など物販をしていたが・・・。
 今回立派な薬草園の茶亭で茶と雲南料理を馳走になりながら「公園管理運営士」として管理運営上のことについて聞いてみた。
 1999年から2004年までは、政府からの年間管理費10億5千万円で経営的に維持できたが2005年から経営状態が悪くなった。この状態を改善するために2009年から実績主義で管理会社15社を選び管理運営を民間に解放したが、政府系の職員300名、企業関係1700人が現在従事している。現在入込者数110~120万人で、その内90万人が団体客である。入場料は61歳以上は50%、70歳以上は0とのことである。
収入の55~60%は入場券、他は物販、賃料、飲食代とのこと。
2010年からは、管理を統括している政府系の企業は国有、土地は国有、経営権は民間とされ、国からの収入零となったことで政府系の職員の給料も自立させ、完全に政府から経営が解放された結果売上が増え、管理費も12億円に、経費は8億2千5百万円となり、利益が3億7千5百万円と改善された。さらに2012年には、管理費18億円となり、経費11億2千5百万円で利益が6億7千5百万円と急激に改善されているとのことであった。
このように売上至上主義によって経営的に改善され関係者は皆さん元気で自信に満ちていたが、日本庭園に集約させた庭と建物の伝統的技術がわずか10年で役割を終えたことに耐えがたい寂しさを感じた。(一元を15円で換算しています。)    2013・3

f0059232_17424497.jpg

現在のメインゲートは変えていない。
f0059232_17435860.jpg

日本の宮大工さんが腕をふるった休憩所
f0059232_17451810.jpg

休憩所の後に工事中の建物
f0059232_17554490.jpg

農の景を表現した棚田と花舞台も今は見ることはできない
f0059232_17592793.jpg

[PR]
by harutokobayashi | 2013-04-17 17:50 | 国際交流