1958年のメモ

1958年のメモ
5月14日
観光国  高田博厚(彫刻家)
日本美術家連盟の月例委員会の決議「道路沿線の広告看板はなんとしても国辱であるから撤廃を求める。」としている。
学問は実学にして慰にあらず、戯れにあらず、学問すなわち商売の資本と可申時勢に相成り候からには・・・・。明治18年12月「21日付き福沢諭吉
仕事に成功する秘訣  ドナルドAアード著
人生において成功者といわれるようになるためには、普通の人と同じことをしていてはいけないということのようだ。
人間の力が自然力を理解し、その法則を知ると共に、これを利用して人類を文明に導くものである。
都市美
都市美とは、自然的風物と人工の物的諸施設の中で、市民が長い年月の間に住みこなした歴史の中からかもし出されるものである。
都市美に対するわれわれの任務は、伝統を受け継ぎ積極的に保存し、後世に伝えることと、われわれの時代の都市造形を歴史の中に加えることである。
アーバンデザインは、都市に対する制御能力の創出から生まれた都市美を作り出すために今からでも手がけるべきこと
1、紋切り型の都市像を捨てる。現実離れしていても森林都市、農住都市、生態都市などのプロジェクトは、都市に対する既成概念を打ち壊す意味で有意義である。
2、同じ金を使うにも使いでがあるように使う。
3、町の中のデザインを良くしよう。美しい都市は資産価値を高める。
4、美観地区を指定し、そこにおけるあらゆる建設事業に対して大胆な美追求型の創造的管理を行う。
5、都市美に対するPRを具体的な事例で市民に示す。
6、官公庁に都市設計部門を作る。
巨匠とは、傑作を持って都市計画を支配するものである。記念造営物というような建築外の権威と精神の中で存在を主張するのではなく、建築造形のすばらしさで明日の都市計画を支配できるものこそ巨匠にふさわしい。独走においてはトップだけしかありえない。

6月21日
生活空間の創造  グロピウス
よい建築は時代の生活を反映しなければならない。
生活の実際的仕組みを標準化することは個人をロボット化する意味ではなく、反対に個人が自由に向上するために不執拗な負担を取り除くことである。
6月22日
暗い背景の明るい像は、明るい背景の黒い像よりは大きく見える。
彫刻のボリュームは真実に近づけようと意図した効果を発揮するためには誇張するほうがよい。光が輪郭を少しずつ削り取るからである。
形と色の心理的影響。
①紫は人を憂鬱にする。
②黄色は人を活動的にし、陽気にする。さらに頭脳の働きを活発化し幸福感を与える。
③ブルーは陽気な色である。
④赤は頭脳を刺激し脈を高め、食欲を増進させる。
⑤グリーンは冷たい感じである。
⑥オレンジは暖かい感じがする。
⑦ダークブルー、明るいイエローは塗った色より重く見える。
⑧白い小屋の中で鳴っている電話は紫の小屋で鳴っている同じレベルの音より大きく聞こえる。
⑨暗闇で食べる桃は、色を眺めながら食べるときよりまずい。
ミュラアー ライヤーの人間社会の法則
①血族関係と種族法の時代
②家族と家族法の時代
③個人と個人法の時代
④未来の協働社会と社会法の時代

2005年11月22日夕方メモを整理
[PR]
by harutokobayashi | 2006-05-01 12:33
<< 資源枯渇の脅威 矛盾に気づきながら・・・・。 >>