音のデザイン
ししおどし
日本の風景を聴く
  通常人間は五感によって環境を理解し、心的な色添えをしてそれらの情景理解を通じて生命活動を維持している。五感への反応の良否が精神性・心の営みを豊かにし、時には貧相にする。そこでは環境に表れる各種の自然な音や、風鈴、梵鐘、水車の回る音など人工的に生み出された音が視覚的に認知できる風景と共鳴して心を豊かにすると考えられる。
日本人は、南北に細長く4千前後の島嶼によって構成された複雑な地形の国土(約38万平方キロメーター)、小さくても細やかに変化する風貌の中で、多様な生き物の営みと共に先祖代々暮らしを持続してきた。
年平均1500ミリ前後ある降雨は清流を生み、毎年訪れる台風は、時に人々の貴重な財産と、人命を奪うばかりでなく、長い時空を超えて維持されてきた大地の形を改変させたりもする。しかし急峻な地形で保水力の乏しい国土に水を運ぶ役割を果たしている。したがって、地下水も多く水には事欠かない環境が整っている。中国など沿海部以外自然に地下からの湧水は期待できないところとは状況が異なる。さらに広大な平坦地が続く大陸文化と異なり、小さな島国に密集して暮らす日本人の島文化は、細やかで勤勉・几帳面・清潔好きな国民性を育んできた。    
この日本に1300年ほど前、中国から伝わった寝殿造りの環境に泉水という形で日本庭園の原型を生んだ。この寝殿造り庭園の地割り、立石、池泉、島、滝、鑓水,配植などが様式化し、11世紀には日本庭園作庭の原典「作庭記}が著述されるにいたった。世界に誇る伝統庭園文化が確立した証である。
作庭記には滝、鑓水、池泉など水の変化を楽しむ趣向が示されている。江戸時代には近江八景、金沢八景など八景式鑑賞法の形式が確立し、風の音、鐘の音などと共に風景を鑑賞するようになった。特に時鐘は時を告げるものとして親しまれ、明け六ツ(午前6時)昼九ツ(正午)暮六ツ(午後6時)として市民に親しまれてきた。現代でも除夜の鐘は新年を迎える区切りとして欠かすことが出来ない。
聴く庭のアクセサリー
江戸中期には音を巧みに生み出す工夫もされて、庭を荒らす鹿猪を驚かせるという理由から「ししおどし(添水・僧都とも言う)」というカカシなどを設置して庭のアクセサリーとするようになった。しかし、現実的に鹿・猪など野生動物脅しの効果があったかは疑問が残る。
仮に効果があったとしても設置してわずかな期間であったと考えるのが自然ではないだろうか、なぜならば野生動物も学習によって音が危険なものであるか否かは直ちに判断するだろう。かつて1950年前後に日本の水田地域ではカカシとしてカーバイトを当初太い竹筒、後に金属製の筒に入れ、定期的に水滴をたらし、ガスを発生させ爆発音が出るスズメ脅しという簡単な起爆装置が水田地帯に設置された時期があった、やがて定期的に発せられる音にスズメ達は慣れてしまい、鳥追いの効果は発揮されずむしろ残暑の厳しさを強調していた例もある。
「ししおどし」が当初の目的はともかくとして竹筒が岩にぶつかる定期的な澄んだ音が、結果として静寂さを強調して空間に音による秩序を与え、庭園の幽玄性・深淵性を高めた例として、京都詩仙堂(漢学・朱子学者、煎茶道の流祖、石川丈山により、1641年完成)の「ししおどし」は有名である。
他方、庭園の手水鉢あるいは蹲の水落の場所を掘って、地中に小さな洞窟状の空間を作り滴水の反響音を楽しむ「水琴窟・洞水門(ほらすいもん)」があり、江戸中期以降盛んに造られるようになった。水滴の音が地下の小さな空間で反響する微妙さ、金属音のようでありながらそうではなく、幻想性を帯びた音はしばし人々の心奥に響くものがある。
庭園に用いられる水は滝、鑓水、池泉のような視覚的に認知できる空間に動きを与えるものばかりでなく、その用いられ方によって心地よい音を派生させた事例として、「ししおどし」と「水琴窟」は代表的なものといえる。
このように聴覚に心地よく響く音を求めて、日本の庭園は、その伝統技術・様式を熟成させてきた様子がうかがえる。
このような水の音は、水路の曲折、サラサラと流れる小川の音を生む浅い流れ、景観石、水底の砂利、など繊細に配慮された配置によって初めて聴覚に訴える心地よい音を生み出すことが出来るのであり、作庭家の特に留意すべき点である。
命の営みを聴く
このほか人々の心にやさしく響く音について自然の音、虫の音、風に鳴る枯葉、木々の梢の触れ合う音、松風、落ち葉の上をカサカサと餌をあさるコジュケイの歩音、などなど多様な自然の中の命の営みの音があるが、自然の環境に触れる機会の多い山間部の人は、森の中で目を覆っても風と木々の触れ合う音で樹種を、足音で獣や鳥の種を判断することが可能である。アフリカの野生動物保護区のレンジャーは、数キロメートル先の動物の種を見分けることが出来るように、日本の里山で遊び育った人たちの原体験は、雑木林、松林、唐松林などの音を耳にすることで場所を確認し、当然生息している野の鳥の種類を知ることが出来た。
冬の山林の獣道でカサカサとアズマネササと雑木の藪を、小さな地鳴きとかすかな移動音を残して伝い行くウグイス、アオジ、ノジコ、突然ガアーギャーと大きな声を出して黒い頭と白い腹に瑠璃色の羽を見せて飛ぶカケス。それらの音が一体となって風景が認識されるときがある。このような自然の営みの音は、都会に住んで人工空間に慣れ親しんだ人には日常的に耳にする音と異なり、逆に寂しさ不安さを強調して心細い思いも抱かせる。日が沈みかけ肌寒い残雪の小道を歩く時など特にその感が強い。雪見酒など優雅な気分で雪景色を愛でるためには風景鑑賞のしつらえが必要であることをうかがわせる。
「ししおどし」というカカシに代表されるしつらえ・各種地域の音、これらは地域ごとの多様な命の営みが刻み込まれて、いつの間にかそれぞれの生命体内リズムとして記憶され、平穏な暮らしを支えているのではないかと考える。音が皆無の状態が静寂ではなくて、「ししおどし」のように心のひだに刻まれた生活体験と一体化した音認識が、平常心を維持し活力を温存する大切な役割を担っているのではないかと考える。鹿猪にとって「ししおどし」の音が定期的に持続され自然音と認識されるようになった時、逆にそれがが鳴り止んだりすると、かえって環境に対して警戒心を高めるのではないだろうか。
(小林治人)
参考文献
[1]小林亨著「移ろいの風景論」鹿島出版会 16~23P
*1 上原敬二著「
[PR]
by harutokobayashi | 2006-07-26 13:03 | 設景の思想
<< 余暇関連産業の傾向 博覧会の設景 >>