人気ブログランキング |
街並み・家並み
街並み・家並み
 都市においては、各種の建物が景観上の主体部を構成しています。ビルや各種の建物が都市環境、都市景観に及ぼす影響が極めて高い。個別の建物が立派でもそれらが集まったときの人工景観を意識した場合と、しない場合では住区イメージの品格において大いに差が出ることが考えられます。多様な緑の導入によって美しく品格のある街並みは、地域全体の資産価値を高めます。
 街並み・家並みの美しさを考えたとき、1970年代頃のミニ開発は、狭い敷地を仕切っているブロック塀、大谷石塀、万年塀、レンガ塀などが混在して、乱れた景が普通でした。
21世紀初頭の今、開発されるある一定規模以上の住宅開発地などでは、無電柱化が実施されていて、緑ものびのびとした感じの街並みが散見できるようになりました。
街並み・家並みを考えた時、電柱の存在を抜きにして考えられませんが、この問題は古くて新しい問題として社会的にも意識されていますがまだまだ時間がかかりそうですね!
他方歴史的な建造物群、あるいは道路舗装まで含めて人工的建造物によって全体景が美しくコントロールされている場所は、自然の緑導入は逆にさけた方が良い場合もあります。
ヨーロッパなどの古い都市では植物としての緑が無いけれど、心に残るミドリのイメージが強い街並みが各所に見られます。都市の緑を考える上で大切なことは、「緑のあるよさ、緑の無い良さ」も考えることだと思います。
by harutokobayashi | 2007-06-03 10:23 | 設景の思想
<< 街路樹 住まいの緑 >>