戦友
「大前研一さんと小形研三さん」
 仲間の設景家、堀越千里君が文芸春秋85巻第11号(2007年9月)272~273ページに小形研三さんのことが出ていましたとのこと、さっそく拝見したところ、大前研一さん(経営コンサルタント、元東京都知事選立候補者)の「ノモンハンの異常体験が父を変えた」と題する記事があった。
お父さんの異常体験の一つが厳しい気象、零下40度の寒さに耐えるため酒を飲むことを憶えた。もう一つが、ノモンハンでの戦闘であった。戦闘について語らないお父さんが1度だけ、ロシア人との戦闘の詳細を話されたそうである。圧倒的な不利のなか塹壕で怯え、生死を分けるのは運だけ。ロシア軍に忍び寄りゲリラ戦を仕掛ける。
このような過酷な戦場で小形研三さんとお父さんが同じ塹壕の仲で過ごした戦友であったことが述べられていた。以下一部を引用する。
「戦場が過酷であっただけに戦友との絆は固く、ノモンハン会には毎年必ず出席していた。私の「研一」という名前も、〃塹壕にいた戦友の小形研三さんから一字もらったものだ。
小形さんは帰国後造園家となり、我が家の庭もお願いした。後に、私がガレージを広げるために庭の一部を潰したら、親父は滅茶苦茶に怒った。後にも先にもあんなに叱られたことはない。庭そのものが、戦友の形見だったのだろう。悪いことをした。」
 小形さんと私は、1964年から日本造園設計事務所連合活動などを通じてご一緒させていただく機会が多かった。札幌の都市緑化フェアーの帰り〃飛行機で帰る途上、「私は青春時代の勉強すべき時に戦地にいて勉強できなかった。だから今でもこうして図鑑を見て植物を覚え今の若い人に負けないように頑張っている。とおっしゃったことが思い起こされる。
協会理事会などの後も、時間がほしいと二次会などの会費を私に託して先に帰られることが多かった。小形さんはお酒を召し上がらないと皆仲間は思っていたようだ。
 沖縄海洋博覧会の時、名護のホテルに一人泊まられ、ホテル前の大きなガジュマルを眺め、久しぶりに一人じっくりと飲みました。うまかったと、つぶやかれた事など思い起こされる。
by harutokobayashi | 2007-09-18 11:04
<< 公益法人 サッカーサポーター >>