住宅購入
「住宅購入のポイント」(ニューヨークの場合)
ニューヨークで活躍する建築家、広木邦明・芳美御夫妻から表題に関するお話を伺う機会があった。
1:日米の違い 不動産取引のとき、日本は土地に価値があり建築は中古になるとその評価が下がるが、アメリカでは建物に価値があり中古でも価値が下がらない。そのため古いマンション部屋などいかによくリノベーションするかが重要である。
2:ニーズにあった物件選び
Condominium 不動産の所有。そのユニットのオーナーとなることが利殖になると投資家に人気がある。
Co-op 住む権利の所有。株券の所有。賃貸する時に規定がある。
Condop CondoとCo-opとの中間型、比較的賃貸がしやすい。
3:住宅購入の手順
①不動産業者に相談する。
②Diclosureフォームにサイン(買い手側か売り手側か確認する。)
③予算・希望の広さ・エリアなど要望を伝える。
④平行して銀行に相談する。
⑤銀行からのプレアプルーパルを持って物件探し
⑥弁護士に相談し、必要な書類をそろえる。
⑦契約書にサインして、クロージングの準備(クロージングの日までに支払の準備)
⑧クロージングをして晴れてホームオーナーに!(残金処理のためチェック持参)
4:マーケットの現況
マンハッタンの売買契約数は、昨年の同時期に比べて19.4%上昇した。
売買価格も14.4%上昇している。(不動産価格査定会)
マンハッタンの住宅の価格は右肩上がり、9.11以降は少し落ち込んだもののすぐに上昇した。過去5年アッパーイーストの平均価格の2倍以上になった。
Askingより低い価格で買えるビルもあり、買い手にとっては有利な動きが見られる。
イーストハーレムの開発、アストリアのマンハッタンビューの新しいコンド開発、価格もマンハッタン並みのものができている。
アッパーイースト、1ベットコンド60万ドル以下のものは少ない。ハーレムだとまだ40万ドル台で探せる可能性がある。Co-opだとさらに安く購入できる。
5:必要な費用(リノベーション・不動産手数料など)
不動産手数料:売り手が払う。売買価格の6%が基本
譲渡税:Resaleの場合売り手が払う。SponsorSaleの場合は買い手が払う。中古マンションなどリノベーションすると価値が上がる。売るときのことを考えて考慮すべき、特に水周りはお金がかかるので注意が肝心とのことであった。
東京の居住用マンションも用途変更その他の理由が生じた時、リノベーションにより資産価値を高めるデザインが求められる時代になりつつあるのか、なっているのか・・・。とのことであった。
[PR]
by harutokobayashi | 2007-09-28 14:57
<< 劇団四季・キャッツ 公益法人 >>