人気ブログランキング |
ラムサール条約
ラムサール条約
ラムサール条約と尾瀬  
ラムサールセンター事務局長 中村玲子女史の講演から(2008・12・23)
ラムサール条約とは、
特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約
Ramsar,Iran1971
The Ramsar Convention on Wetland
1971年水鳥と湿地の保全に関する国際会議をIran Ramsarで開催した。
このときに端を発している。
しかし、その前1960年にMARが発足していた、湿地の意味のMarshの略
1962年フランス・カマルグ IUCN,IWRB,ICBPの会議があった。
1970年、条約の中身が論じられ、水禽の保護区のネットワーク、湿地生態系保全
等の検討を経てラムサール条約へと展開した。
1968年、最後の詰めをすることになっていたが、1968年ソ連のチェコ侵攻によって、1969年予定していたソ連会議をボイコット、その後ソ連の積極的な動きによって会議を再開、この会議はイランで開くことにし1971年条約成立となった。
1993年第5回大会を釧路で開催、以後 1996年ブリスベン、1999年コスタリカ・サンホセ、2002年バレンシア、2005年ウガンタカンパラ、2008年10月28日~11月4日勧告で開催予定
現在157カ国が加盟、1702箇所、1億5千3百ヘクタールの面積となっている。
アジアでは29カ国が加盟している。

湿地の賢明な利用
湿地の賢明な利用とは持続可能な開発の趣旨に沿って、生態系アプローチの実施を通じて達成される湿地の生態学的特長の維持のことを言う。

湿地wetlandの定義には各種あるが干潮時水深6m以下の海域
湿地のタイプ。
海岸性内陸湿地  12タイプ
内陸湿地     20タイプ
人工湿地     10タイプ
国際的基準は9つあるが中の一つに水鳥が定期的に2万羽以上飛来する地となっている。
今これらのほかに湿地の文化的評価について議論しているが非常に客観的判断が難しい。
by harutokobayashi | 2007-12-24 15:44
<< 尾瀬国立公園 花園 >>